結婚式の服装

メンズファッションの基本!男の着こなし術

結婚式の服装

社会人になると、上司や同僚の結婚式に出席する機会も多くなります。

現代では、結婚式の形式が多様化しています。
ホテルウエディング、ガーデンウエディング、レストランウエディングなどがあるため、時間や場所を考慮した服装が必要です。

そのためにはまず、礼装の基本を知っておきましょう。

結婚式の礼装の基本

■一緒に出席する人に相談する
服装に迷ったら、結婚式に出席する友人や知り合いに相談しましょう。
どの程度かしこまった服装で行くのか聞いておけば、自分だけが浮いてしまう失敗を防ぐことができます。

■礼装の格式
結婚式の招待客は、主役や主賓よりも服装の格が上がらないように配慮する必要があります。
若い男性であれば、ダークスーツにドレスシャツなどのスタイルが良いでしょう。

■昼と夜の違い
礼装には、昼と夜の区別があります。
昼の正礼装は、モーニングコートやディレクターズスーツ。
夜の正礼装は、テールコートやタキシードです。
略礼装のダークスーツは、昼でも夜でも着ることができます。

■平服とは?
招待状に「平服でお越しください」と書かれていた場合は、略礼装で行くのが正解です。
平服は普段着のことではないので、間違えないようにしましょう。

昼の略礼装

昼の略礼装としては、格式のある場所ではブラックスーツ、カジュアルな場所ではダークスーツを選ぶようにしましょう。

■ジャケット
シングルなら1、2、3ボタン。
ダブルなら4、6ボタンのジャケットを選びましょう。

■スラックス
裾はフォーマル度の高いシングルがベスト。

■シャツ
ピンホールシャツなどのドレスシャツを選びましょう。
上品な淡い色のカラーシャツでも構いません。

■ネクタイ
ネクタイやアクセサリーの色は、シルバーが最もフォーマルです。
黒以外であれば、色に決まりはないため、華やかなサテンのカラーネクタイ、個性的なアスコットタイでも良いでしょう。
ただし、チーフを忘れないこと。

■靴
靴はスーツの色に合わせてコーディネートしましょう。
ストレートチップ、プレーントウを選べば間違いありません。

copyright 2011-2017 ファッションドットネット All Rights Reserved.