お葬式・法事の服装

メンズファッションの基本!男の着こなし術

お葬式・法事の服装

お葬式は、急な用事なので慌ててしまいますが、急いで失礼な服装で出かけてしまってはいけません。

準礼装はブラックスーツなので、スーツとシャツ、黒のネクタイと黒のくつ下を揃えておきましょう。
数珠や香典袋、ふくさなどの小物もセットで揃えておくと良いでしょう。

お葬式・法事の服装

■光りものはNG
エナメルやラメ入りなど光沢のある素材、ゴールドのアクセサリーなどの光りものは、身に付けてはいけません。
時計や指輪などの金属類は、シルバーに統一しましょう。
毛皮や飾りつきの靴も止めます。

■お通夜の服装
お通夜の服装は、ブラックスーツを着て行きましょう。
靴を脱ぐ場合もあるので、くつ下も黒にしておきます。
サラリーマンが仕事帰りに行く場合は、ネクタイを黒に替えれば、ダークスーツでも大丈夫です。

■法事の服装
通常は一周忌の法要まで、喪主は喪服を着用します。
家族や身内だけで行う法事の場合は、地味な色の普段着でも問題はありませんが、迷ったらスーツの方が無難です。

■急な知らせを受けた場合
急な知らせを受けて、弔問に伺う場合は、喪服ではなくても大丈夫です。
地味な色の普段着でも構いません。
早めに駆けつけることを優先しましょう。

ブラックスーツの着こなし

お葬式や法事には、ブラックスーツや無地のダークスーツを選びましょう。

■スーツ
ジャケットは、シングルでもダブルでも構いません。

■シャツ
シャツは、白無地のものを選びましょう。

■ネクタイ
ネクタイは、黒無地でサテン素材の光沢を抑えたものがベスト。
結び方はシンプルに。

■アクセサリー
アクセサリーで身に付けて良いものは、結婚指輪だけです。
石が付いているものは、内側に向けておきましょう。

■靴
オックスフォードタイプ(紐結び)のストレートチップ、またはプレーントウを選びましょう。

copyright 2011-2017 ファッションドットネット All Rights Reserved.