スーツ選びのポイント

メンズファッションの基本!男の着こなし術

スーツ選びのポイント

スーツを着ると肩がこる、動きにくい、という男性は多いでしょう。

しかし、スーツをきちんと選べば、決して動きにくい服ではありません。
動きにくい場合は、サイズが合っていないことがい多くなっています。

まずは、スーツ選びのポイントとフィッティングのコツを覚えて、着心地の良いスーツを選びましょう。

スーツを買う前に

■お店選び
自分に合ったスーツを買うなら、お店選びも重要なポイント。
きちんとアドバイスをしてくれる店員さんのいるお店に行きましょう。
流行の商品ばかりを勧めてきたり、似合っていない場合でも「いいですね」と言う場合は注意しましょう。

■スーツは肩で着るもの
スーツは肩で着るものです。
ジャケットを試着して、その重みが肩に乗っていればOK。
手に持った時に重くても、肩幅とスーツの肩幅が合っていれば、着用時は意外と軽く感じるはず。

■シャツと靴を持参する
スーツを買いに行く時は、合わせたいシャツと靴を着用してお店へ行けば、スーツ選びに失敗することは無くなります。
店員さんから具体的なアドバイスを受けたり、質問をしやすくもなります。

■試着室でチェック
試着室でスーツを試着したら、以下の動きをチェックしましょう。

・かがむ
・座る
・腕を上げる

これらの動作が問題なく行えればOK。
肩や太ももなどのフィット具合もチェックして、窮屈ならサイズを見直しましょう。

■同じメーカーで揃える
スーツとシャツは、なるべく同じメーカーやショップで揃えると安心です。
余裕があれば、シャツは数枚買っておきましょう。

フィッティングのポイント

スーツは、丈が少し短かったり、長かったりするだけで、似合っていない風に見えてしまいます。
以下のポイントに注意して、フィッティングをしましょう。

■シャツのカフと襟
袖口から見えるシャツのカフと、襟から見えるシャツの長さは、1センチ~1.5センチがベスト。
同じくらいの分量を覗かせるようにしましょう。

■着丈と袖丈
着丈は、自然に腕を下ろした状態で、第二関節で裾が掴める長さがちょうど良いです。
袖丈は、親指の付け根あたりの長さが良いでしょう。

■裾の長さ
裾の長さは靴を履いて歩いた時に、靴下が見えない長さがベスト。
試着の時に仮留めしてもらったら、実際に靴を履いてチェックしましょう。

copyright 2011-2017 ファッションドットネット All Rights Reserved.