パンツの選び方

メンズファッションの基本!男の着こなし術

パンツの選び方

スーツ姿のシルエットをすっきり見せるためには、脚長効果のあるパンツを選びましょう。
膝下が絞られているものは、膝から下を長く見せる効果があります。

最近では、細身のパンツが主流ですが、あまり細すぎるものは、動きにくいので注意。
歩きやすく、座りやすさ、はき心地、生地の丈夫さなどもチェックしておきましょう。
特にヒップは、ゆとりがあるものを選びましょう。

パンツの長さは、かかとが半分ほど隠れるワンクッション(シワ一つ分の長さ)がベスト。
シングルならモーニングカット(かかと側を長く斜めに切る方法)にすると、足を長く見せる効果があります。
ダブルにする場合は、幅を3.5センチほどにしましょう。
パンツが細い場合は、バランスを見てから決めること。

また、以下にパンツの各名称について紹介しておきます。

■ベルトループ
ベルトを通す部分。

■ポケット
ポケットがあると便利ですが、物を入れるとシルエットが崩れるので、入れない方が無難です。

■フライ
前立てのこと。
ジッパー式のものが多い。

■クリース
パンツの中心にある折り目のこと。
脚を長く見せて、シルエットを立体的に見せる効果がある。

■カフ
裾のこと。
シングルカットは、折り返しのないもの。
ダブルカフは、折り返しのあるもの。
ダブルはカジュアルなもののため、冠婚葬祭には使わない。

copyright 2011-2017 ファッションドットネット All Rights Reserved.